メニュー

ドライアイの治療

ドライアイは、角膜乾燥症ともいい、目の疾患のひとつで、最近では、パソコンの長時間利用や、エアコンなどで空気が乾燥する環境が多くなり、この疾患の方が非常に増えています。また、コンタクトレンズを利用していると、その表面から涙液の蒸発量が増すため、ドライアイの症状を引き起こすことが多くなります。

ドライアイは、下記の症状を引き起こします。

  • 目が乾く
  • 目がゴロゴロする
  • まぶしい
  • 目に痛みがある
  • 視界がかすむ
  • まぶたが重たくなる
    など

治療について

当院では症状によって、下記の治療をおこなっています。

  • 各種ドライアイ治療薬の点眼
  • シリコン製涙点プラグの装着

また、ドライアイの患者さんの中に、まぶたの縁にある脂を分泌する腺(マイボーム腺)に機能が低下する疾患(マイボーム腺機能不全)が背景にある場合が多いことが、最近の研究で分かってきております。当院ではマイボーム腺機能不全の診断および治療にも積極的に取り組んでおります。治療には下記のようなものがあります。

  • 温罨法(ホットアイマスクでまぶたを温める)
  • まぶたの縁の清拭(専用シャンプーでまぶたの縁の脂汚れを落とす)
  • マクロライド系抗菌薬(アジマイシン)の点眼

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME