メニュー

白内障の治療

白内障とは、目の中にある水晶体(レンズの役割をしています)が黄白色や茶褐色ににごり、視力が低下して物がかすんだり、ぼやけて見えたりするようになる病気です。白内障で一番多い原因は、加齢によるものです。特別な原因がなくても年齢とともに誰にでも起こります。

白内障の場合、下記のような自覚症状となって現れることがあります

  • ものがかすんで見える
  • まぶしくなる
  • ものが二重、三重に見える
  • めがねやコンタクトで調整しても、文字などが読みづらい
  • 目が疲れやすい
  • 色が鮮やかに見えない
  • 裸眼での視力が不安定である

白内障の治療

各種検査によって、白内障の有無、程度を診断いたします。手術が必要な場合は、当院で手術いたします。

手術は、日帰り手術、局所麻酔(通常は目薬の麻酔のみで痛みはほとんどありません)手術時間は通常10~15分程度、両眼とも手術の場合は片眼の1週間後にもう片眼の手術を行います。手術後は眼帯を付けますが、通常は翌日の診察後に外します。手術後は、傷口からばい菌が入ることを防ぐために、眼を汚さない、こすらない、ぶつけない、押し付けないなど、注意して生活していただく必要があります。術後2週間程度は眼を保護するメガネ(メオガード)を装用していただきます。

当院では、白内障の手術を通じて、一人でも多くの方に、一日でも早く、明るさを取り戻していただくことを、診療の大きな柱の一つとしております。

白内障が手術の適応とならない程軽度の場合は、進行を抑制する目的で、点眼薬を処方したり、サプリメント(サンテウェルビジョン)をご紹介するなどして経過観察を行います。

白内障の症状と治療

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME