メニュー

糖尿病網膜症の治療

糖尿病網膜症によって、毎年約2千人ほどが社会的に失明していると言われています。

治療について

糖尿病網膜症は糖尿病の合併症の一つですので、血糖値のコントロールが病気の進行を防ぐ有効な治療になります。また、レーザーによる治療や、観血的手術による治療もあります。

糖尿病網膜症は、病気が進行しても自覚症状がほとんどない場合があります。検査で症状が見られなかったからといって、定期的な検診を怠るケースがあります。その場合は、知らないうちに、かなり進行していることがあり、両眼ともに失明し、以前のお仕事や生活を続けることが困難となることも珍しくありません。まさに人生が一転するといっても過言ではありません。定期的な検診を受け、日々の健康管理をしっかりすることが最善の治療といえます。定期受診を怠らずにさえいれば、病気を早期に発見し進行を食い止める治療ができるので、失明に至ることはほぼないと言えます。

当院では、内科医療機関とも連携し、患者様に病気に対する理解を深めていただくための資料もお渡ししながら、通院を続けていただくための取り組みを積極的に行っております。オホーツク地域において、一人でも多くの方を糖尿病による失明の危機から救うということが、当院の診療における大きな柱の一つです。

糖尿病網膜症の症状と治療

糖尿病眼手帳

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME