メニュー

緑内障の治療

緑内障とは、視神経が一般よりも早く死んで いくことでおこる病気です。病気が進行すると視野が狭くなっていきますが、自覚症状が現れにくい病気でもあり、気づいた時には、もうかなり進行しているということもあります。早期に診断を受けることが重要な病気です。狭くなってしまった視野は、現在の医学において、薬でも手術でも取り戻すことはできません。それ故に、早期に発見して進行を食い止めるための治療を開始することが重要なのです。

治療について

緑内障の治療は、眼圧を下げることを基本にしています。点眼薬での治療やレーザーによる手術(SLT  選択的レーザー線維柱帯形成術)、外科的な手術があります。まずは、検査をして、治療方針を検討して治療方法を決めます。

また、補助療法として、サプリメント(サンテグラジェノクス)の提供も行っております。

一度失った視野を取り戻すことができない病気ですので、40歳を超えたら、定期的に眼圧検査・眼底検査・視野検査などの検査することをお勧めします。

緑内障は生涯治療を継続しなけらばならない病気です。当院では、患者様に病気への理解を深めていただくための資料を豊富に取り揃えてお渡ししております。オホーツク地域において一人でも多くの方を緑内障による失明の危機から救うということが、当院の診療における大きな柱の一つです。

緑内障の症状と治療

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME