メニュー

原点回帰 第2章 ~570kmの旅路~

[2024.07.06]

 2024年7月2日で、開院して3年8か月が経過しました。この日までに、11483名の新規の患者様が来院され、3457件の手術(このうち白内障手術は3399件)を施行させていただきました。

 先日、私用で函館を訪れる機会が2回ありました。

 当院を開設する前の2020年に吉田眼科様に勤務させていただいた際と、2022年に参加した函館マラソン以来の函館です。

 今回は、私の両親も含めた家族と一緒に訪れる機会もあり、これまでとは違った心境での函館訪問となりました。

 ここ最近の函館は、アニメ映画『名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)』の舞台になったことにより、国内外の多くの観光客が訪れ、大変な賑わいを見せているそうで、今回私たちが訪れた際も、その真っ只中で大変な混雑でした。

 当ホームページ内のプロフィールにも記載しておりますが、私は函館市内にある函館ラ・サール高校を卒業しました。故郷からは570km離れた函館の地での寮生活で高校3年間を過ごしました。

 2020年の函館勤務の合間に一度、一人で母校を訪れ、敷地の外周をゆっくり徒歩で一周しましたが、今回は、家族と共に車で外周を回りました。

 前回は、函館までは飛行機での移動でしたが、今回は、北見から函館までの570kmを自分で車を運転しての移動でしたので、「こんなにも遠く離れた地に来ていたのだ。」と、その距離の長さを改めて実感したという背景があり、また違う心境での訪問となりました。

 ちなみに、私の高校生当時は、網走と函館を乗り換えなしで結ぶ直通の特急列車『おおとり』があり、およそ10時間かけて函館まで移動していました。

 短い時間ではありましたが、車を運転しながら、家族に当時の学校生活の思い出話もして、とても感慨深いものがありました。私の両親にも改めて私の母校を見せてあげたいという思いもありましたし、妻と子供たちにも当時の私の高校時代をわずかながらでも共有してもらいたいという思いもありました。

 現在は、当時の校舎や寮は建て替えられ、当時の校舎の一部が残っているのみですが、敷地は同じで学校全体の雰囲気は変わっておらず、自分の視界においては、昔の校舎が甦った状態で鮮明に映り込んできました。学校の周囲の環境もかなり変わってしましましたが、今も残っている建物を基準に当時の街並みが鮮明に蘇ってきました。

 それぞれの場所で、当時の自分の姿、心境を思い返して、まるで、35年の時を越えてタイムスリップしたような感覚となり、胸が熱くなりました。

 高校3年間は、親元を離れ、はるばる遠き函館の地まで来て、寂しい気持ちもあり、うまくいかないことがあれば泣きながら親に電話で話をしていたこともありましたが、若いなりに覚悟(わざわざ地元を離れて、親にも負担をかけ、強いライバルと切磋琢磨しながら勉強に専念する環境を求めて、遠い地での寮生活を選択したのだから、一日たりとも無駄にせず、必ず結果を残すという覚悟)を持って、強い気持ちで日々を過ごしていたように思います。

 当時は毎日、寮と学校を渡り廊下を通って往復しておりましたので、外の空気に触れることがほとんどない生活でした。寮生活においてテレビを見たことはただの一度もなく、部活動にも所属しておらず(学業と部活との両立する自信が全くなかった。)、娯楽としては、学校の体育の授業や体育祭、夜就寝前のわずかな時間に聴いていたラジオの深夜放送(具体的な番組は、『木村洋二のアタックヤング』、『明石英一郎のアタックヤング』、『松任谷由実のオールナイトニッポン』など)ぐらいで、いわば世の中から隔離されたような生活でしたが、函館まで来た意味を常に自分に言い聞かせながら、つらい気持ちを振り切って、淡々と生活していたように思います。

 親も相当寂しいをしていたのではないかと想像します。後から聞いた話ですが、入学式に付き添ってくれた母親は、帰りの列車の中で涙を流していたそうです。また、地元で私と同学年の高校生の姿を目にするたびに、私の姿を重ね合わせて思い浮かべ、私が地元に残っていた場合の生活を想像して、幾度となく寂しい気持ちになっていたそうです。今、私の子供も当時の私と同じ年齢に達し、当時の親の気持ちが身に染みて理解できるようになりました。 

 中学卒業時、突如として函館行きを思い立った私を快く送り出してくれ(内心かなりの動揺があったに違いないと想像します。)、いろいろな意味で、いろいろなものを犠牲にしながら支えてくれた両親には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 寂しくつらい日々でしたし、結果的には、受験において当時の自分が思い描いていた理想を実現することはできなかったのですが、あの頃の経験がなければ、現在の立ち位置には決して至っていないはずなので、本当に貴重な経験であったと思っています。当時の経験がさらに価値あるもの、輝かしいものになるように、これからも精進していきたいと考えています。

 さらに先月末には、函館マラソンに参加するため、函館を訪れました。前回2022年はフルマラソン42.195kmでの参加で、難コースと厳しい暑さに打ちのめされ、帰りの飛行機に乗り遅れそうになったことは、当時のブログで紹介させていただきましたが、今回はその反省から、ハーフマラソン21.0975kmに参加しましたので、帰りはかなり時間に余裕を持つことができました。

 今回も気温が高く、歴史ある函館マラソンにおいて、大会史上最高気温だったそうですが、レースの結果は散々でした(練習不足であったことは間違いありませんが、年齢のせいであるとはまだ絶対に認めません。)。しかしながら、レース前後で時間に余裕があったので、函館の街中をぶらぶらして、名物の食べ物も口にすることができたので、時間も移動手段もお金もなかった高校時代に体験することができなかった、とても良い思い出ができました。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME